舌下免疫療法|柴崎内科小児科医院|仙台市青葉区|内科・呼吸器科・アレルギー科・循環器科・睡眠時無呼吸症候群・禁煙外来・喘息外来

柴崎内科小児科医院
  • ホーム
  • 医院案内
  • 医師のご紹介
  • リンク
  • お問合わせ
クリアスペース
お問い合わせはこちら 022-271-7575
クリアスペース

抗IgE抗体製剤療法

抗I g E抗体製剤療法
柴崎内科小児科医院 > IgE抗体製剤療法

診察の前に

診察の前に

①重症または最重症のスギ花粉症の患者様で前スギ花粉シーズンでも重症な症状があった方が対象です。
上記の確認のため、血液検査で調査いたします。血液検査によるスギIgE抗体が陽性で、血清中IgE濃度が30〜1500IU/ml
12歳以上の方。体重20150kgの範囲の方。
該当しない場合は使用できません。ご了承ください。

クリアスペース

抗I g E抗体製剤療法とは

気管支喘息、慢性じんまし疹の治療薬のゾレア®(一般名:オマリズマブ)が、2019年よりスギ花粉症の治療対象として承認されました。ゾレア®を皮下注射することで、スギ花粉症の改善、症状の緩和を狙います。
血清中の遊離IgEに働きかけ、IgE抗体と肥満細胞との結合を阻害することにより、肥満細胞からアレルギーの原因となるヒスタミンなどの化学物質の放出を抑制すると考えられています。

クリアスペース

どのくらい通院するのか

どのくらい通院するのか

体重や血清総IgE濃度により異なりますが、2週間または4週間ごとに最大3ヶ月間の通院治療が必要になります。

クリアスペース

抗I g E抗体製剤療法をいつから始めればいいのか

舌下免疫療法で花粉症は治るのか

スギ花粉抗原の飛散時期(概ね2月〜5月)

 

クリアスペース

舌下免疫療法で花粉症は治るのか

副作用はありますか

副作用はありますか

予想される主な副作用は、注射部位の反応です。注射した場所が赤くなったり腫れたりする症状です。
血圧低下など生命にかかわるアナフィラキシーショックを起こす可能性はありますが、重度の副作用出現は稀です。

クリアスペース

舌下免疫療法に年齢制限はありますか

クリアスペース
ホームぜんそく睡眠時無呼吸症候群慢性閉塞性肺疾患急性呼吸疾患メタボリックシンドローム禁煙医院案内医師のご紹介
リンクお問合わせ
Copyrightc2013 shibasakiiin co.ltd All Rights Reserved.