ぜんそく|柴崎内科小児科医院|仙台市青葉区|内科・呼吸器科・アレルギー科・循環器科・睡眠時無呼吸症候群・禁煙外来・喘息外来

柴崎内科小児科医院
  • ホーム
  • 医院案内
  • スタッフ紹介
  • リンク
  • お問合わせ
クリアスペース
お問い合わせはこちら 022-271-7575
クリアスペース

ぜんそく

ぜんそく
柴崎内科小児科医院 > ぜんそく
休診カレンダー

気管支喘息

気管支喘息

当院で最も得意とするのは呼吸器・アレルギー疾患です。気管支喘息は発作でゼーゼー苦しくなり、頻繁に救急外来を受診して、吸入や点滴治療を受けるイメージがありますが、発作を起こさせず、仕事や学業に影響のないように、喘息でない方と同様、不安なく生活できるよう、治療することができます。

しかし、吸入ステロイド剤(妊婦や胎児への安全性が確立された薬剤)の普及で、以前より減少はしたものの、国内で年間約2000人の方が気管支喘息で亡くなっており、あなどれない疾患です。

喘息は、咳や痰だけといった軽い症状でも、自分で思ったより重症な方がおり、自覚症状からだけでは、過小評価する恐れのある病気なので、下記の検査を行い、客観的な評価をすることが重要です。

クリアスペース
・呼吸機能検査(スパイロ) 肺活量、一秒量を測定します。喘息とCOPDの診断には欠かせない検査です。
・呼吸抵抗測定検査(モストグラフ) 気道の抵抗を測定します。喘息やCOPDの診断に有用です。
・呼気一酸化窒素(FENO)測定検査 一酸化窒素の濃度を測定し、気道の炎症の度合いを測ります。気管支喘息、咳喘息の診断に有用です。
クリアスペース

気管支喘息の治療

気管支喘息の治療

喘息は軽症でもまれに死亡に至るケースがあり、短時間で状況が著しく変化することのある病気です。患者さんはピークフローメーター(医院から貸し出しのできる自宅用簡易呼吸機能検査)で、日内変動を把握することが大切です。

喘息は、以前考えられていたような発作性の病気ではなく、気管支の粘膜に炎症(赤く腫れた状態)が長く残る慢性の病気ですから、喘息の診断がついたら、早めに吸入ステロイド剤を開始することが大切です。

咳喘息

咳喘息

呼吸困難やゼーゼーはないけれど、日中電話での会話中や夜フトンに入ってから咳が止まらず、風邪と診断され治療を受けたが治らない。このような場合、咳喘息が考えられます。呼気一酸化窒素(FENO)を測定することで、より診断が確実になります。

小児喘息

小児喘息

喘息はゼーゼーという息苦しい発作が起ったり、激しい咳や痰が増加してくる疾患です。

原因としては、小児の場合90%近くが、気管支のアレルギーによる慢性の炎症によるものと考えられております。

絶えず医師と相談し、発作を起こさないようにすること、抗アレルギー剤や吸入ステロイド剤で、気道の炎症を抑えることが重要です。

小学生高学年であれば、呼吸機能検査(スパイロ)や呼吸抵抗測定検査(モストグラフ)、呼気一酸化窒素(FENO)測定検査が可能な場合があります。

クリアスペース
クリアスペース
ホームぜんそく睡眠時無呼吸症候群慢性閉塞性肺疾患急性呼吸疾患メタボリックシンドローム禁煙医院案内スタッフ紹介
リンクお問合わせ
Copyrightc2013 shibasakiiin co.ltd All Rights Reserved.